レト・F・ソルジュ
 

 某掲示板にて
 「青髪ウィッグの可愛いショタキャラ」というタイトルのスレで描いたもの。
 リクエストにそぐわずエロさ皆無な絵に仕上がりました。

 というか、当時自分は「エロさ」に対して疑問をもっている人間で、
 同人誌的な、あのよくある「男性向けのエロさ」はそもそもファンタジーであって
 自分自身のサティスファクション(笑)につながるエロさとは、
 「そもそもショタである存在がそこにあること」みたいな「存在がエロい」的な思考でいました。
 かなり危ない人間ですね、この人。

 そのため、この絵を描いた数年後に絵を置き始めるPixivでも
 「とりあえずちんこでてたら票が入るんやろ」とか斜に構えていた時期があります
 なので初めて友達と共同でだした画集でも、エロをいちいち入れる必要があるのか、とか
 駄々をこねていました
 思えばこの頃からエロなしの方向を向いていたのかもしれませんね(きれいなまとめ)

 ちなみに、あとあとになってからこの子の話とか設定とか考えましたが、
 もちろんそれ以降の進展はみられません…